ネイリストになるためにネイリストスクールに入り、一生懸命学科や実技を学び、そして検定試験に晴れて合格!

そうすればすぐに仕事が舞い込んでくる、というようなことは決してありません。

ネイルスクールを卒業した方がどこで働くのか

もちろん、実際にはどのようなネイルスクールに入ったのかというのが一つの重要なポイントになるのですが、やはり卒業後は基本的にはしっかりと就職活動を行うパターンが多いように思います。

さて、そこで実際に卒業した方がどこで働くのかといえば、やはりネイルサロンを選ぶ方が一番多いようです。

ネイルスクールによっては卒業後に就職先を斡旋してくれるところも有ります。

すぐに働きたいのであれば、そういった斡旋を行ってくれるところや、ネイルサロンを併設しているスクールを選択するのが良いですね。


ネイルサロンでの仕事内容について

では、実際ネイルサロンではどういった仕事内容をおこなっていくのでしょうか。

意外と知っているようで知らないそのお仕事の中身ですが、皆さんが普段されているネイルケア、つけ爪やジェルネイルなどの施術。

更に具体的に言えば、カラーリング、人工爪作り、ネイルアートはもちろん、二枚爪や薄い爪のケア、甘皮の処理や角質の除去、爪への栄養補給やマッサージなど、内容は多岐に渡り、技術なども必要になってきます。

しかし、身に付けたスキルはずっと役に立つものですので、手に職をつけたい方にはピッタリですね。