ネイリストとして資格を取り、ネイルサロンではしっかりと実務経験を積んでいき、自分自身にもある程度お客さんがつくようになれば、独立して店舗経営をするというのも将来的な目標の一つとして描かれる方が多いように思います。

最終的な目標として独立を目指す

実際、最終的な目標として独立を目指す方は、こういった美容業界全体に多いですよね。

そこで、今回は店舗経営の気になる所について少しまとめてみました。


・メリット

まず、なんといっても自分で時間を自由に使う事ができるというのは一番のメリットですね。

営業日時は自分次第ですので、完全予約制にさえしてしまえば、ちょっとした旅行に行くのも簡単です。

また、ご自宅などをサロンにしてしまえば通勤する必要もありませんし、経費としてある程度の範囲を計上することができますので、生活費の負担が減少する場合もあるでしょう。

実際、自宅などをサロンにして営業されている方も多いようです。


・デメリット

まず、何もしなくてもお客様が来るということはありません。

広告宣伝に何らかのコストをかける必要が最初の時点ではあるでしょう。

サロンを開く段階で自分自身に一定数の顧客が既についている、と言う状態で行うのが最も望ましいかもしれません。


というように、自由はききますが、決して簡単ではありません。才能やスキルがあるからといって必ず成功するとも限らないのです。

ただ、もしご自身でされるのであれば、何よりもお客様を大切にする、ということは常に念頭においておきたいところです。